宝石の知識 PR

親・家族から貰ったジュエリー|売る?リフォーム?そのまま使う?

宝石,売る,売らない
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

両親や祖父母から譲り受けたジュエリー。

魅力的なものも多いですが、中には少し古いデザインだったり好みが合わないといった理由でタンスの肥やしになってしまう場合もあります。

「古いデザインだから売った方が良い?それともそのまま持っていた方が良い?それともリフォーム?」

そんなふうに悩んでいませんか?

ここでは譲り受けたジュエリーをそのまま使うか・リフォームするか・売るかの判断について、ジュエリーの販売・買取・リフォームなど様々な業務に関わってきた私の主観も踏まえてご紹介します

そのまま使った方が良いジュエリー例

ジュエリー,女性,ダイヤモンド

自分の好みに合っていたり「このままでも使えそうかな?」と思える物であれば、形を変えずそのまま使うのをオススメします。

代々家族の宝物として身につけることが出来るのがジュエリーの特権であり、最大の魅力です。

家族の思い出と一緒に身につけて楽しみましょう。

古くても、今でも使えるデザイン
ダイヤモンド、フクリン留め

今でも使えるデザインであれば、そのまま使うのがオススメ。
お店でクリーニングや新品仕上げをしてもらえば美しくなりますよ。

また、現在の買取市場で高く評価されにくいものは、下手に売ってしまうよりもそのまま使えるように工夫する方が良いと思います。

というのも、買取価格の判断は主に素材代(宝石の品質・大きさ・地金の重さ)で行います。

デザインや作りの良さを評価し、高く買い取ってくれる買取専門店はそこまで多くはありません。

デザイン性が高く作りの素晴らしいジュエリーでも、評価されにくい素材が使われている場合は最低限の評価になってしまうこともあります。

傾向として、メレダイヤモンドなどの小さな宝石を沢山使ったジュエリーは購入金額と買取金額の差が大きくなる傾向があります。

ものによっては使われている宝石には値段がつかず、地金だけの買取金額になることもあります。

ここで勘違いしてほしくないのは、そういったジュエリーが悪いと言うわけではありません。

ジュエリーは素材を集めるバイヤー、デザイナー、クラフトマンが作り出す身につける芸術作品です。

デザイン性の高いジュエリーや、洗練されたジュエリーを生み出すクラフトマンの技術はもっと評価されるべき点だと思います。

そのためには買取をする買取業者、そして買取市場がもっと成熟していく必要があるのかもしれません。

デザインが良くても高額買取に繋がりにくいジュエリー

デザインを評価しづらい今の買取市場で売るのは時期尚早かも。

「素晴らしいデザイン・作りのジュエリー」、「メレダイヤモンドをふんだんに使ったジュエリー」もそのまま使うのがオススメです。

売る場合はいろんなお店で見積もりを出してもらいましょう。

リフォームした方が良いジュエリー例

リフォームは元のジュエリーを使って作り直しすることで、リモデルとも言います。

一般的にリフォームで使われるのはセンターストーンのみで、横についたメレダイヤモンドや地金は下取りという形で引き取られることが多いです(メレダイヤモンドは返却される場合もあります)。

リフォームするのにオススメなのはセンターストーンが高品質なものや、希少石を使ったジュエリーです。

デザインが好みでなかったり壊れてしまっていても、素材が良いものはリフォームする価値があるものが沢山あります。

特にダイヤモンドをはじめ、ルビー・サファイア。エメラルドなどの主要宝石は年々値上がりが続いています。

AGTA CEOのジョン・W・フォード・シニア氏も、ジェムフェアの教育シリーズのオープニングセッションで価格上昇についてコメントした。同セッションでは、ラパポート・グループのマーティン・ラパポート会長とともに講演した。

「全般的に、高級宝石の価格上昇は驚くべきもので、とどまるところを知らない。これまでに見たこともないような取引価格が上がっているところもある」とフォード氏は聴衆に語った。

※Google翻訳

他にもアレキサンドライト、パライバトルマリン、パパラチアサファイア、ブラックオパールなどの希少石も、身につけたいという気持ちが少しでもあるなら持っておくことをオススメします。

売ってしまうのは簡単ですが、また同じものを購入するとなると当時の数倍の価格になったり、現在では手に入らないということもあります。

「簡単に売ってしまうなんて勿体無い」というのが私の感想です。

リフォームする場合、宝石の大きさにもよりますが、シンプルなリングであれば加工代は大体20万円前後になると思います。

出来上がってくるのはその何倍も価値があるジュエリーが出来上がってきますから、お得感もありますよね。

手に入りにくいレアストーン

売るのもありなジュエリー

ジュエリー,鑑定,買取

愛着のないものや嫌な思い出があるもの、身に付けたいと感じられないジュエリーの場合は現金化してしまった方が良いかもしれません。

デザインが好きでない合成石を使ったジュエリーや、買取価格が明確で高額買取してもらいやすいダイヤモンドは売っても後悔しにくいようですよ。

センターストーンが合成石の場合は宝石に価格はつきませんが、地金に本物の貴金属を使っている場合は地金を買取してもらえます。

合成石は売り出された当初は天然宝石と同じような価格で売られていましたが、現在は安価で手に入れることができ、価値としてはあまり認められていません。

そのため、よほど思い出がない限り高額なリフォームをするのはあまりオススメしません。

またダイヤモンドも評価基準がはっきりしていることから高額買取に繋がりやすく、売りやすい宝石です。

特に婚約指輪のように高品質なダイヤモンドを使ったジュエリーは買取専門店が一番買い取りたいと思っているお品物です。

より高く売りたい場合はいろんなお店で見積もりを出してもらうようにしてくださいね。

貴金属を使った合成石ジュエリー

販売されていた当時は高価だった合成石ですが、宝石としての価値は認められていません。

もし身につけるのであればカジュアルに楽しむのがオススメです。

高品質のダイヤモンド
ダイヤモンド、立爪、鬼爪

リフォームしやすく、買取でも価格がつきやすい一粒ダイヤモンドジュエリー。

まとめ

ハッピー,幸せ,女性

両親・家族から貰ったジュエリーを売るかどうかの判断について書かせていただきましたがいかがでしたでしょうか。

古いジュエリーは大ぶりのものも多く、普段身に付けられないからと手放してしまう方も多くいらっしゃいます。

ですが、そんなジュエリーの中には今では手に入らないような素晴らしい素材を使ったものも多く、売った後に後悔している方もよく見かけます。

売るかどうか悩んでいるのであれば、無理に売るよりもリフォームしてフレッシュな気持ちで使ったりそのままの形で使えるように工夫する方が良いかもしれません。

もちろん好きでないものは手放してしまうのも一つです。

現金化して旅行やショッピングなど、自分の好きなことに使って人生を楽しんでくださいね。

↓↓ダイヤモンド・宝石・貴金属の買い取り専門の一括査定サイト↓↓

査定の名人